excitemusic

モバイラー気取りでデジタルなモノをちょっとずつ試してます。
by shinji-man0101
ICELANDia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
リンク
  • みんぽすみんぽす
    マスコミ、一般ユーザーの方による、みんなの本音で書かれた家電系商品レビューを集めたソーシャルブックマークサービスです。

    Windows Mobile / T-01A関連リンク
  • 妻がライバル(T-01AとHT1100覚書)
  • T-01A Windows Mobile フリーアプリケーション
  • 悲観者思考の携帯電話
  • コレがコレなもんで:So-netブログ
  • POPO-DEVICE
  • WindowsCE FAN

    音楽関連リンク
  • ザッハトルテ
  • 薄花葉っぱ
  • ウエッコのブログ

    ランキング
  • にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ブログセンター
  • 以前の記事
    フォロー中のブログ
    ブログパーツ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧


    Wii ファミリートレーナー1&2を使ってみました。

    ◆この記事および動画はバンダイナムコゲームスのレビュー企画に参加して掲載しています。なお、本記事の掲載による金銭の授受や記事への関与は一切ありません。


    d0015090_1757077.jpg

    Wiiのファミリートレーナー1&2をレビューです。キチンとレビューを書くのは初めてなので緊張しますが、がんばって書いてみます。

    d0015090_1759714.jpg

    ファミリートレーナーはファミコン時代に私が子供の頃に一度発売されていて、マットの上でドタドタと音を立てて遊んでいたのを覚えています。懐かしさもあってドキドキしながら箱を開封。

    箱を開けてみました。内容物はメディアとマットのみ、という非常にシンプルなものです。迷うことなく始められますね。マットのズレ防止用のシールも付いていました。

    d0015090_17593564.jpgd0015090_17594784.jpg
    d0015090_17595992.jpg

    WiiFitと違い、DDR(ダンスダンスレボリューション)とほぼ同じ感じのマットです。WiiFitだと上で走ったり、体重が重いと…なんて気にしたりするかもしれませんが、マットなのでその点は安心です。
    説明書を見ると、マット1枚でも2人で遊べるようです。しかもファミコン時代はマットのみで操作していたのに、今回のWii版はリモコンも使ってしまうようです。これはカラダ全体を使いそうです。

    マットの質自体はDDR(ダンスダンスレボリューション)などとさほど変わらない感じです。
    クッション材が少し中に入っているみたいで、厚みがあります。
    今回はホームセンターなどで売っている家具ズレ防止用マットを下に置いてトライしました。
    メディアはファミリートレーナー1と2がセットになっているタイプなので、ケースの中に2枚入っています。
    今回はファミリートレーナー1からです。マットはWii上部のコントローラ接続1に接続します。他の2~4に接続しても認識されないので、注意。

    d0015090_1823550.jpg

    私は今回撮影隊なので、甥っ子たちに遊んでもらいました。Wiiの操作自体は初めてでも簡単です。RPGのようにオープニングも無く、すんなりと始められます。

    甥っ子たちが、

    d0015090_185537.gif飛ぶ、


    d0015090_1851757.gif飛ぶ、


    飛びます(笑)。

    WiiFitのように衝撃吸収用のマットは無いので、音とともに(笑)。



    d0015090_1862371.jpgd0015090_1872735.jpg

    ステップも軽快に進んでいきます。

    DDR(ダンスダンスレボリューション)世代ならマットのボタンの位置も足になじんでいるかもしれませんが、この子たちではまだそんなことはなく、足の位置に二人ともオドオド(笑)。新鮮な印象でした。

    動画でも撮影してみました。題材は初級コース2トロッコアドベンチャーにしました。コントローラもマットも使いますが、腕を振る動作とマットの体重移動が簡単で面白そうです。

    ではでは、どうぞ。



    甥っ子たちはこの後も数時間遊んでいました。本当に楽しそうでした。Wiiのコントローラ自体が体を動かすものなので、体を使ったゲームでも内容が難しいものが多い中、昔に流行ったファミリートレーナーのようなモノの方が、ゲーム性も高くてシンプル、楽しくて面白いのだ、と実感しました。遊んでいる間、撮影をそっちのけで私が割り込んだりもしてしまいました…。

    ただ、やはりWiiFitと違い、マットでの操作なので、自分の足位置が把握しにくいのが難点です。
    少しでも足の位置がボタンの上にあることがわかればもっと初めてでも操作性が高くなるのでは、と素人ながらに思ってしまいました。例えば踏むと「カチッ」と感触があるとか…。パネル式とか。
    しかしこれは耐久性と引き換えになりそうなので、実現は難しそうですが。マットもワイヤレスになれば…。ちょっとケーブルが短いような気がしました。あと、ゲームの内容についてもストーリーモードとか入れると続けてプレイすることにつながりそうです。

    こういったゲームは「その場限り」が多いですから(笑)。「押入れの中の人生ゲーム化」になりがちです。

    とはいえ、場所は必要なものの、こういったゲームはパーティにもってこいです。
    年末年始や、家族で集まったとき、コントローラを使ってのゲームよりもファミリートレーナーのように「全員参加できる」ゲームの方が絶対にいいです。
    普段は持ち主も1人ではしない(というか1人でドタバタとしているのは想像しにくい笑)ので、ゲストもみんなハンディなしで楽しめます。
    内容もシンプルで、誰でもわかるので、やったことある人も無い人も楽しめます。

    次は対戦モードを使ってみたいと思います。


    →第2弾の記事はこちら。



    ◆この記事および動画はバンダイナムコゲームスのレビュー企画に参加して掲載しています。なお、本記事の掲載による金銭の授受や記事への関与は一切ありません。


    [PR]
    by shinji-man0101 | 2009-12-20 18:43 | 悠々自適。
    << T-01AをWindows M... ついにT-01Aの6.5がリリース。 >>