excitemusic

モバイラー気取りでデジタルなモノをちょっとずつ試してます。
by shinji-man0101
ICELANDia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
リンク
  • みんぽすみんぽす
    マスコミ、一般ユーザーの方による、みんなの本音で書かれた家電系商品レビューを集めたソーシャルブックマークサービスです。

    Windows Mobile / T-01A関連リンク
  • 妻がライバル(T-01AとHT1100覚書)
  • T-01A Windows Mobile フリーアプリケーション
  • 悲観者思考の携帯電話
  • コレがコレなもんで:So-netブログ
  • POPO-DEVICE
  • WindowsCE FAN

    音楽関連リンク
  • ザッハトルテ
  • 薄花葉っぱ
  • ウエッコのブログ

    ランキング
  • にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ブログセンター
  • 以前の記事
    お気に入りブログ
    ブログパーツ
    人気ジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧


    KENWOOD K521 でMP3の失われた音域を聴く。
    KENWOOD K521KENWOODから発売されるiPod対応オーディオ、K521をお借りして試してみました。コンパクトHi-Fiシステム「Kseries(Kシリーズ)」の中の1つですが、iPod用のDockを搭載することで、デジタル転送で音質を劣化させることなく再生させることが出来るモデルです。

    MP3等の非可逆圧縮の際に失われた音域を補間し、原音に近いリアルなサウンドを再現する「Supreme EX」を搭載しており、K521で再生できるデバイスには全て使用できます。

    このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

    トップパネルは光沢が美しいです。前面にはCDトレイと液晶パネル、ボリュームコントロールくらいしかありません。かなりシンプルで好感度高いです。どの部屋にもマッチしそうですね。音に期待が高まります。音と外見が両立するミニコンポは少ないですから。

    KENWOOD K521 タッチパネルドキドキしながら電源を投入。上部に青いLEDランプが点灯します。すごいですね。点灯したランプ部分は各操作ボタンになっていて、なんとタッチパネルなんですね。タッチすると点滅してタッチしたことがわかるようになっています。


    KENWOOD K521 上面上部あるタッチパネル部分には操作の最低限の種類しかないので、すぐに慣れてしまいます。一番左右のボタンだけ物理的なボタンになっていて、電源とCDトレイ開閉になっています。


    実際に触っている映像です。片手でカメラ、片手で操作しているので、少しブレた映像ですが、ボタンを「押した」感覚が無い操作感は新鮮です。



    タッチパネル自体の反応はいいのですが、どうやらLEDの辺りに判定があるようですね。文字の部分をタッチしても反応しないときがありました。

    KENWOOD K521 DockiPod用、USB接続用のDockと端子は上面にあります。手動で上に跳ね上げると中に端子類があります。純正のDockアダプタが使用できるので各iPodのサイズに合わせることができます。ちなみに純正アダプタなしでも接続できますが、端子だけで支えている形になってしまうので、不安が残りますね。


    KENWOOD K521 背面背面も前面部分と同じようにかなりシンプルです。スピーカー接続はバナナプラグ対応なので、付属しているスピーカーから別売スピーカーにグレードアップする際にも互換性が高いので安心ですね。良いスピーカーを持っている人はすぐにシステムに組み込めますね。

    最近のAV機器は光デジタル入出力を持っているものが多いので、K521とデジタルで接続できます。外部機器との拡張性も従来のオーディオコンポと同じかそれ以上に備えていますね。

    最近のAV機器では珍しく、コンセントのケーブルは本体から直結タイプです。ケーブルが端子接続になっているものが多いのですが、取り回しがしやすい反面、このタイプはコンセントからノイズを拾いやすいので直結だと安心ですね。この辺にもKENWOODさんのこだわりがありますね。


    KENWOOD K521 スピーカースピーカーは2.5cmソフトドーム型ツィーター + 11cmウーファーになっています。安価なプラスチック製ではなく、MDF材で四方留めされているので(四方留めとは四隅の材同士が45度ずつで合わさっている大工用語)、高級スピーカーと遜色ない質感ですね。ちょっと最近の省スペース化には逆行する形ですが、音質を追及するにはやっぱりこのタイプのスピーカーが安心しますね。


    K521は部屋内にマッチする外観、操作が簡単、音の良さにもこだわりたい、省スペース、のどれも捨てきれない選択肢を持っている方なら、最後まで候補に残ってくる機種ですね。

    さて、実際に使ってみたレビューは次です。色々と感じたことを書きます。


    このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
    (WillVii株式会社みんぽす運営事務局)



    にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

    a quickr pickr post


    [PR]
    by shinji-man0101 | 2010-03-09 11:57 | モノフェローズ
    << iPhoneToday 1.4... iPhoneTodayが早くも... >>