excitemusic

モバイラー気取りでデジタルなモノをちょっとずつ試してます。
by shinji-man0101
ICELANDia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
カテゴリ
リンク
  • みんぽすみんぽす
    マスコミ、一般ユーザーの方による、みんなの本音で書かれた家電系商品レビューを集めたソーシャルブックマークサービスです。

    Windows Mobile / T-01A関連リンク
  • 妻がライバル(T-01AとHT1100覚書)
  • T-01A Windows Mobile フリーアプリケーション
  • 悲観者思考の携帯電話
  • コレがコレなもんで:So-netブログ
  • POPO-DEVICE
  • WindowsCE FAN

    音楽関連リンク
  • ザッハトルテ
  • 薄花葉っぱ
  • ウエッコのブログ

    ランキング
  • にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ブログセンター
  • 以前の記事
    フォロー中のブログ
    ブログパーツ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧


    カテゴリ:モノフェローズ( 5 )
    KENWOOD K521 でiPod音源を再生。
    KENWOODから発売されるiPod対応オーディオ、K521を引き続きお借りしています。「Kseries(Kシリーズ)」の中に位置するコンポですが、サイズが小さく、どんなインテリアにもマッチしそうなシンプルな外観が特徴です。触ってみた外観の記事はこちらです。

    KENWOOD K521 ボリューム

    このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

    KENWOOD K521 DockiPod専用Dockを搭載しているので、所有するiPodを次々と試してみました。DockコネクタとUSB端子は本体上面にあります。

    KENWOOD K521 iPod touchまずは見た人全員、見た目がかっこよいと思った、iPod touchです。私の手元にあったのは初代iPod touchだったのでとりあえず挿してみました。Dockコネクタ自体は少し斜めになっていて、ディスプレイ的に純正Dockに近い感じです。純正Dock用のものが使えるので、安定を求めるのであれば着けておくことをお勧めしますね。しかし、今回お借りしたのはBlackモデルだったのですが、純正Dock用アダプタは白なので、かなり"浮いて"しまいますね…。

    iPod touchを載せただけでは再生されないので、上面のInputをタッチしてiPodに入力を切り替えると読み込みが始まります。しかし、この読み込み、「Reading...」と表示されるのですが、iPodの容量の大きさ・ファイルの数に比例して読み込みに時間がかかります。8GBのiPod touchでも十数秒かかる時がありました。Dockに挿した時点で読み込んでおいてくれると助かるのですが。



    MP3で削られてしまった音域を補間する「Supreme EX」を一番実感したのは、ロック系の楽曲ではなく、やはり少人数編成のアコースティック楽器でした。アコースティックギターのサスティンや、チェロの弓を離した後に響く本体の「箱鳴り」など、MP3に圧縮した際に減衰して削られてしまった音域が見事に補間されていました。これには驚きです。
    「Supreme EX」をON/OFFした時の音の拡がり具合がまったく違うので、これは常にONにしとくことをお勧めしますね。

    AVコンポにありがちな「音場を再現する」機能はありません。安価なコンポには、「DISCO」や、「LIVE」など、特定の音場に似通わせたエフェクトが搭載されていることが多いですが、K521にはありません。この辺も忠実に再現することで臨場感を出そうとしているKENWOODさんのこだわりが見えます。

    その代わりではないですが、「CONEQ」という音響パワー補正技術が搭載されているようです。イコライザーも搭載されていますが、Bassなどを設定してみると、違いがわかりますね。他のコンポでイコライザーを使ってBassを上げても、特定の音域だけが無理やり上がってしまい、逆に不快な印象を与えることがありますが、この「CONEQ」というものは実に自然です。自然に音域が強調されるというか、強調された音域に「拡がり」があります。

    KENWOOD K521 USBKENWOOD K521 フロント液晶

    KENWOOD K521 日本語表示また、Dockの横にはUSB端子もあり、USBメモリ内の楽曲も自動検索し再生してくれるようです。USBメモリ内の構成は日本語ファイル名/フォルダ名でも問題ありませんでした。しかし、フロントパネルには日本語表記はカタカナのみ対応のようで、漢字などは「*」に変わってしまいました。ちょっと昔のMDプレーヤーのようですね。

    ちなみにディスプレイ表示はリモコンから切り替えることができます。USB接続の場合のみフォルダ名やアーティスト名などを切り替えて表示可能です。



    KENWOOD K521 T-01Aマスストレージクラスのものであれば、接続可能とあったので、USBメモリ以外にも色々接続してみました。T-01Aもマスストレージモードに変更した上で接続すると、microSD内の楽曲を自動検索して再生してくれます。SH-04Aも同じようにマスストレージモードで再生できました。

    私の場合、iPodは複数所有しているので、複数同時につなごうと思い、Dockケーブルを使ってUSB端子に接続してみたところ、しっかり認識してくれました。しかもフロントパネルには、通常「USB」しか表示されないところを「USB(iPod)」とちゃんと認識してくれていました。しかもDock、USB端子、どちらでも充電してくれています。これは便利です。

    KENWOOD K521 iPod touchしかし、iPodの音源はIDタグを読み込んでくれないので、いちいちiPod本体を確認する必要があります。iPod touchやiPhoneだと自動ロックに設定している場合が多いので、曲名を確認するのにいちいちロック解除しなければなりません。また、iPod Classicでも画面オフになってしまうので、確認するのが面倒です。これはDock、USBのどちらで接続しても同じでした。この辺りはカーオーディオのように独自アプリを起動させるような接続方法ではなく、純粋に音声のみをデジタルで読み込んでいるだけだからかもしれません。

    PCとは接続できないので、iPodの楽曲を編集する際には抜いてPCに接続しなおさないといけません。また、基本的にDockアダプタは個人では1セットしか所有していないケースも多いので、PCのDockに接続する際にはまた付け替えないといけませんね。
    背面にUSB端子を搭載して、iTunesともリンクできれば(欲を言えばUSB端子もリムーバブルとして認識できれば)もう言うことなしのコンポに仕上がったと思いますが残念です。

    コンポとしては音もかなり良く、個人的にはこのK521でデジタル音源を聴いてしまうと、他のスピーカーでは満足できなくなってしまいました。


    このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
    (WillVii株式会社みんぽす運営事務局)


    にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

    a quickr pickr post


    [PR]
    by shinji-man0101 | 2010-03-11 13:32 | モノフェローズ
    KENWOOD K521 でMP3の失われた音域を聴く。
    KENWOOD K521KENWOODから発売されるiPod対応オーディオ、K521をお借りして試してみました。コンパクトHi-Fiシステム「Kseries(Kシリーズ)」の中の1つですが、iPod用のDockを搭載することで、デジタル転送で音質を劣化させることなく再生させることが出来るモデルです。

    MP3等の非可逆圧縮の際に失われた音域を補間し、原音に近いリアルなサウンドを再現する「Supreme EX」を搭載しており、K521で再生できるデバイスには全て使用できます。

    このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

    トップパネルは光沢が美しいです。前面にはCDトレイと液晶パネル、ボリュームコントロールくらいしかありません。かなりシンプルで好感度高いです。どの部屋にもマッチしそうですね。音に期待が高まります。音と外見が両立するミニコンポは少ないですから。

    KENWOOD K521 タッチパネルドキドキしながら電源を投入。上部に青いLEDランプが点灯します。すごいですね。点灯したランプ部分は各操作ボタンになっていて、なんとタッチパネルなんですね。タッチすると点滅してタッチしたことがわかるようになっています。


    KENWOOD K521 上面上部あるタッチパネル部分には操作の最低限の種類しかないので、すぐに慣れてしまいます。一番左右のボタンだけ物理的なボタンになっていて、電源とCDトレイ開閉になっています。


    実際に触っている映像です。片手でカメラ、片手で操作しているので、少しブレた映像ですが、ボタンを「押した」感覚が無い操作感は新鮮です。



    タッチパネル自体の反応はいいのですが、どうやらLEDの辺りに判定があるようですね。文字の部分をタッチしても反応しないときがありました。

    KENWOOD K521 DockiPod用、USB接続用のDockと端子は上面にあります。手動で上に跳ね上げると中に端子類があります。純正のDockアダプタが使用できるので各iPodのサイズに合わせることができます。ちなみに純正アダプタなしでも接続できますが、端子だけで支えている形になってしまうので、不安が残りますね。


    KENWOOD K521 背面背面も前面部分と同じようにかなりシンプルです。スピーカー接続はバナナプラグ対応なので、付属しているスピーカーから別売スピーカーにグレードアップする際にも互換性が高いので安心ですね。良いスピーカーを持っている人はすぐにシステムに組み込めますね。

    最近のAV機器は光デジタル入出力を持っているものが多いので、K521とデジタルで接続できます。外部機器との拡張性も従来のオーディオコンポと同じかそれ以上に備えていますね。

    最近のAV機器では珍しく、コンセントのケーブルは本体から直結タイプです。ケーブルが端子接続になっているものが多いのですが、取り回しがしやすい反面、このタイプはコンセントからノイズを拾いやすいので直結だと安心ですね。この辺にもKENWOODさんのこだわりがありますね。


    KENWOOD K521 スピーカースピーカーは2.5cmソフトドーム型ツィーター + 11cmウーファーになっています。安価なプラスチック製ではなく、MDF材で四方留めされているので(四方留めとは四隅の材同士が45度ずつで合わさっている大工用語)、高級スピーカーと遜色ない質感ですね。ちょっと最近の省スペース化には逆行する形ですが、音質を追及するにはやっぱりこのタイプのスピーカーが安心しますね。


    K521は部屋内にマッチする外観、操作が簡単、音の良さにもこだわりたい、省スペース、のどれも捨てきれない選択肢を持っている方なら、最後まで候補に残ってくる機種ですね。

    さて、実際に使ってみたレビューは次です。色々と感じたことを書きます。


    このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
    (WillVii株式会社みんぽす運営事務局)



    にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

    a quickr pickr post


    [PR]
    by shinji-man0101 | 2010-03-09 11:57 | モノフェローズ
    PCM-M10でライン録音を試してみた。
    Recording。

    先にレビューを書いた時点で、PCM-M10本体の内蔵マイクも質は良いと思いましたが、内蔵マイク以外にもPCM-M10は入力端子を2系統備えています。
    「LINE IN」と「外部マイク入力」です。生音をより生音に録音するのはマイクだけではなく、PCM-M10本体のシステム部分にあると思い、ライン録音を試してみることにしました。

    このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

    ちなみに以前のレビューはこちらこちらです。

    音楽練習スタジオに行ければもっと環境が良い状態で録音できたかもしれませんが、諸事情と自分のギターテクニックのレベルとを考慮した結果、自宅、デスクの前で録音です(笑)。

    録音のシステムは、AKG C747を2本でギターのサウンドホール部分と、ネック部分から音を拾って、左右のチャンネルにミキサーで振り分けています。マイク自体はクリップで固定するタイプですが大きいので、ギター本体には取り付けずに自分のデスクに固定し、マイクの指向をギターに向けています。ミキサーはYAMAHAのMG10/2を持っていたので、そちらを使用しました。

    d0015090_1650034.jpg配線イメージはこんな感じです。画像は適当にWord2003で作成してみました。わかりにくい画ですみません。

    実際の録音環境はこんな感じです。
  • 録音場所は自宅。自室のデスクの前で演奏。周囲雑音ありの環境悪し。
  • ネック側から拾った音をLチャンネルに、サウンドホール側で拾った音をRチャンネルに振り分け。AKG C747はキャノン接続。
  • PCM-M10本体の録音レベルはマニュアル、レベルは「4」に設定。
  • 録音感度(ATT)はONに設定。
  • 録音形式は、最高レベルのリニアPCM 96kHz 24ビット録音に設定。

  • とりあえず、弦を張り替えることもせずに、何ヶ月かぶりにギターを手にして弾いてみました。うーん、練習せずに弾いてしまったので、かなり下手です。恥ずかしいですが尊敬する押尾コータロー氏の曲を弾いてみました。

    mp3

    ミキサー側ではレベル調整以外に音質をまったく変更していません。ミキサーから送った音がPCM-M10側でピークランプを点灯させないギリギリで設定しています。HIGH・MID・LOWすべて±0のままです。ほとんどマイクの音をそのままPCM-M10に送っています。PCM-M10側でも触ったのは録音レベル調整のみで、ほとんどが自動に設定しています。
    私も聴いてみましたが、低音も音割れすることなく、きれいに録音できていますね。ジャカジャカ弾いたギターのコードも音が1つ1つ消えずに聞こえます。

    ミキサーとPCM-M10の間にリバーブなどのエフェクターやコンプレッサーを入れるとかなり良さそうです。

    お借りしている間、色々触っていましたが、本体の質感は意見が分かれるところですね。ツヤありで私的にはちょっと指紋が目立つかなと思いました。

    後、私的に対応してほしいというか、今までそういうシチュエーションが多かったので気になっただけなのですが、私がライブを録音したり会議を録音したりする場合ICレコーダーを使っていましたが、外部電源で録音する機会はほとんどと言っていいほどありませんでした。

    単三電池(充電池の場合は要設定変更)、AC電源の2WAY電源なのは良いですが、充電池使用の場合にAC電源で充電できる機能があればよかったな…と思いました。充電器を別途持ち歩く必要もなくなるので。
    AC電源で使用している間に充電池を充電して、いざとなったら電源を外して持ち運んで録音…なんて事ができたらもっと活躍の場が増えそうです。

    PCM-M10は本体が若干大きい点や重さの時点で気軽にカバンに入れておけるものではないですが、音楽練習の楽器のポケットに入れて持ち運ぶ分にはちょうどいい大きさですね。内蔵メモリも十分あるので、外部メモリには練習曲、内蔵メモリには練習を録音という風にすると、キャリングケースと組み合わせてどこでも練習場所になりそうです。


    このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
    (WillVii株式会社みんぽす運営事務局)



    にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

    a quickr pickr post


    [PR]
    by shinji-man0101 | 2010-03-02 18:08 | モノフェローズ
    PCM-M10で音楽ライブを実際に録音。生音を繊細に記録。
    PCM-M10をモノフェローズ事務局様より引き続きお借りしています。前回は外観からの操作性を記事にしてみましたが、実際に操作をしてみて、のレビューを書き始めたいと思います。前回の記事はこちら

    このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

    液晶ボタンの下部に録音・再生よりも前に操作するメインボタンが並びます。前にも書きましたが、やはりボタンの形状がカセットテープレコーダーに似ている気がしますね。

    TCM-939TCM-939このレビューを書く時に懐かしい箱を発見しました。ちなみにまだ仕事場では現役稼働中です(笑)。やはりこれもボタンが日本語ですね。

    PCM-M10各画面での項目選択と決定は、トラックスキップボタンで項目移動、再生ボタンで決定になっていますが、元のボタンがトラックスキップなので、上下の項目移動の際には少し混乱してしまいがちです。

    データ内の録音するスペースがフォルダ管理になっているのは、パソコンユーザーから見てわかりやすいですね。必ずフォルダ以下にファイルがあるというのは探しやすいです。ちなみにフォルダの移動は液晶下部左のフォルダボタンから行います。ボタン自体は突起があるので押しやすく、暗い場所でも間違いにくいです。

    PCM-M10内での各編集はメニューボタンから呼び出します。階層はそれほど深くないので(「詳細メニュー」くらいしか階層がない)、上下で選択して決定だけで各項目の設定ができますが、詳細メニュー以下から他のメニューには一旦停止ボタンでメニューから抜けないといけないのが少し面倒でした。戻るボタンがあればよかったのですが。

    データの消去だけは頻度が高いので、別ボタンで、しかも中央に位置しています。トラック選択中に消去ボタンを押すことで簡単に消去できます。消去ボタンを押して再生(決定)ボタンで消去です。



    せっかくなので、外に持ち出して録音してみることにしました。大きさはゲーム機のNintendo DS Liteとほぼ変わらないので、手軽に持ち出せます。キャリングケースCSK-M10に入れて持ち歩くと多少大きくなりますが。

    PCM-M10PCM-M10

    録音には以前から個人的にライブに通っていて交流のあるバンド、ザッハトルテさんの月例お食事ライブにお邪魔させていただきました。
    ザッハトルテさんは、アコーディオン・ギター・チェロという3人構成のミュゼットを基本ベースにしたオリジナルなインストゥルメンタルを演奏しておられます。保険会社のCMで流れていたアヒルのワルツも彼らが演奏しています。ザッハトルテさんの公式サイトはここです。基本楽器が生音なので、PCM-M10には最適と判断しました。

  • ザッハトルテ公式サイト
    http://za-ha.hp.infoseek.co.jp/

  • ザッハトルテ公式サイト◆ライブ情報!
    http://za-ha.hp.infoseek.co.jp/2.live.html

  • 録音環境は以下のような感じです。

    さらさ西陣
  • 場所
    さらさ西陣という、古い銭湯を改装したカフェ。壁の周囲はタイル張り、床は木製。天井は元銭湯の天井窓に向かって布が張られている。ちなみに現地でバズってました。実際のバズはこちら

  • 天気
    曇り。湿気はそれほど多くない(湿気が多いとギターやチェロなどのいわゆる"箱モノ"楽器は音が鳴らない)。弦楽器の鳴りはいい感じです。

  • 録音環境
    演奏者(楽器)とPCM-M10とは、5m程で、間には20人ほどのお客さん。PCM-M10は腰の高さほどに手に持って録音。マイクはPCM-M10本体のマイクを使用。ちなみに右写真はライブ前の入口付近です。


  • あいにく、すごいお客さんで最前列でのよい環境下での録音とまではいきませんでしたが、最高音質のPCM 96kHz 24ビット録音で録音してみました。

    なお、今回の録音はザッハトルテ本人に許可を得て録音しています。アーティストに許可なく録音することは著作権などの問題があり、禁止されている場合があります。ご注意下さい。

    録音データはGoogle ドキュメントに置いています。今回は録音自体の検証だったので、録音してから何も編集などの手を加えていません。また、PCM録音だとデータが数十MBになってしまうので、MP3に圧縮処理をPCで行っています。PCでの圧縮には、LAME + Lame Ivy Frontend Encoderを使用。320kbps 44KHz VBRステレオモードで変換しました。37MB→2.5MBになっています。

  • ライブ開始前の観客のザワザワを録音。

    wav

  • 実際の演奏、その2。

    mp3wav

    上記ファイルは演奏者の許可を得て公開しています。演奏者の許可無しにデータを公開することは著作権により禁じられています。無断でリンク、公開はやめて下さい。

  • どうでしょうか。PCM-M10の前に人が多かったので、音がコモりやすく、かなり録音環境は良いとは言いがたいのですが、それでも楽器の音を拾ってくれていると思います。周りの雑音もちゃんとステレオ感を損ねることなく録音できているのには驚きます。
    私はヘッドフォンで聴いてみましたが、こういったレコーダーにありがちな、低音が音割れしているか、拾いきれずに「ペラペラな音」になっていないのは一番驚きました。ぜひヘッドフォンで聞いてみてもらいたいです。私的にはJAZZライブで是非録音してみたいと思いました。

    次はミキサーを介してのマイクで拾った音をライン録音してみたり、音楽スタジオにて生音を直接拾ってみたりしたいと思います。また、録音したデータをどこまで"聴ける"音に手直しできるかを試してみたいと思います。


    このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
    (WillVii株式会社みんぽす運営事務局)


    にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

    a quickr pickr post


    [PR]
    by shinji-man0101 | 2010-02-19 12:22 | モノフェローズ
    PCM-M10で生音を忠実に記録。
    d0015090_2140367.jpgリニアPCMレコーダー「PCM-M10」、キャリングケーススピーカー「CKS-M10」をモノフェローズ事務局様よりお借りしました。
    単体でリニアPCM 96kHz 24ビットが可能な、高音質レコーダーです。

    こういったレコーダーは最近楽器メーカーからも立て続けにリリースされていますが、どれもデザインが「ゴツく」て、いかにも「良い音で録音しますよ」なんてマイクがニョキっと出ているのがあまり私的には購買意欲をそそられませんでした。

    このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

    実際に録音に使用するのは数日後の予定なのですが、まずは簡単に。箱の中身は至ってシンプルです。本体、マニュアル類と付属CD、有線リモコンとACアダプタとストラップ、USBケーブルと電池が入っていました。

    PCM-M10

    電源投入するとサンプルデータが1曲入っていました。アコースティックギターをシンプルに録音したものです。これを聴くだけでもかなり高音質で忠実にデジタル録音できていることがわかります。各ボタンは日本語表記になっているので、初めてでもある程度直感的に触れるようになっています。
    なんとなくですが、昔からある、卓上で使っていたSONYのカセットテープレコーダーが頭をよぎります。あれも他メーカー製のレコーダーのボタンは英語表記だったのに、SONYだけ日本語でした。多分コンセプトは変わってないんじゃないでしょうか。
    おかげで特に考えることなく、操作ができます。

    再生や停止などメインに使うボタンはバックライトが入っているので押すと一時的に光ります。液晶画面はモノクロですが、ここで無意味にカラー液晶にしてバッテリーの消耗を増やすよりかは賢明な選択だと思います。ちなみにバックライトはちゃんと付いています。

    PCM-M10 PCM-M10

    左サイドにはLINE OUT(光 DIGITAL OUTも兼用)や、USB端子、外部メディアのスロットがあります。microSD(SDHC)と新しい規格・メモリースティック マイクロに対応しています。

    PCM-M10

    右サイドには電源ボタンと大きな録音レベル調整ダイヤルがあります。レベル調整はダイヤルが大きく、指2本で挟んで回せるので、かなり使いやすい形状です。親指と人差し指でつまんで回せるので、微妙なレベル調整も簡単に出来ます。

    PCM-M10

    上サイドにはLINE IN(光 DIGITAL INも兼用)端子と外部マイク入力端子があります。スタジオでのミキサーからの録音なんかにも対応できそうですね。

    PCM-M10

    電池部分のフタは本体からは外れないようになっているのもSONYさんの配慮の1つですね。スタジオや会場での電池交換時にはこういった配慮が生きてきます。背面にはスタンドに取り付けられるネジ部分があります。

    PCM-M10

    マイクスタンドや、カメラ用の三脚なんかにも取り付けての録音が可能のようですね。取扱説明書にはアコースティックギターなどの録音には、三脚などでサウンドホールに向けて録音するといい、なんて書かれていました。


    d0015090_22123772.jpg一緒にPCM-M10専用のキャリングケースCKS-M10もお借りしました。高級感あるレザー質感です。中にスピーカーが入っているせいか、かなり頑丈です。

    PCM-M10にもスピーカーは内蔵されていますが、このキャリングケースと一緒に持ち運ぶことで外出先でも大きな音量で録音内容を聴く事ができます。

    PCM-M10とは3.5mmジャックで接続します。専用コネクタではないので、イレギュラーですがiPodなんかもつながります。ただ、再生デバイスの違いからここまで差があるのかと思わせるほどPCM-M10の音質は良かったです。サンプル音源ですが。

    PCM-M10 PCM-M10

    CKS-M10は電源不要のパッシブタイプなので、元々それほど大音量での再生を想定したものではありません。スピーカー自体も48mmと小さいのでデジタルな波形の再生には不向きです(音割れしやすい)。しかしPCM-M10のサンプルを再生する限り音割れは確認できませんでした。PCM-M10での再現性が良いのでしょうね。

    PCM-M10をセットする両サイドはラバーでガッチリと固定されます。操作がしやすいように底が簡易スタンドにもなります。キャリングケース自体もスピーカー裏面のマジックテープをはがすことでスピーカーを前面へ立てることが可能です。私が聴く限りスピーカーを立てた方が音の拡がりを感じました。ただ、マジックテープなので、あまり何度もはがしたりしているとケース裏面の生地がほつれてしまうかもしれません。

    PCM-M10 PCM-M10

    PCM-M10

    次回は実際に録音をしてみたいと思います。


    このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
    (WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

    このレビューを評価する
    とても参考になった
    参考になった
    powered by みんぽす

    a quickr pickr post


    [PR]
    by shinji-man0101 | 2010-02-14 22:41 | モノフェローズ